バリ島・バイク洗車専門店の利用方法を紹介

バリ暮らしHOW TO

自分で洗車はしたくない。

どうも。バリ男です。

(Twitter: https://twitter.com/balioblog/ Instagram: https://instagram.com/balio_blog/ )

今回はインドネシア式のバイクの洗車をご紹介したいと思います!

本記事がオススメな人

  • インドネシアで買ったバイクが汚れて洗車したいけど洗車屋さんのルールがわからない
  • バリ島でバイク洗車専門店を探している人
  • 海外の洗車事情について知りたい人(そんな人いないか 笑)

のみ!!笑 とても需要のない記事になりそうですがしっかり丁寧に説明しますね!!

インドネシアはバイク大国であり洗車大国

インドネシアはバイク大国として知られています。

インドネシア全体のバイクの総数は120,101,047台(2018年統計庁引用)

つまり、国民の約2人に1人はバイクを持っていることになります。

そんな国民の足であるバイクは多くのインドネシアj人にとって高級品です。

給料の半年分貯めたりローンを組んで買うのが一般的です。

そんな苦労をして買ったバイクを大切にするのは当然です。

そりゃ街のそこら中に「CUCI MOTOR(バイク洗車)」という看板があるわけです。

洗車の流れ

バイク洗車屋での入店から退店までの流れは以下の通りです。

  1. 店内にバイクを停める
    店内の空きスペースに自分のバイクを停めましょう。
    空きスペースがない場合は店前に停めて、後は店員が洗車の際に動かしてくれます。
  2. 注文したいメニューを伝える
    今回バリ男が行った店は1種類しかありませんでしたが、
    店によってはメニューが数種類ある場合があります。
    水洗いのみ(インドネシア語:Cuci biasa)
    水洗い+ワックス(インドネシア語:Paket cuci dan wax)
    泡洗浄セット(インドネシア語:Paket Cuci saljuと呼ばれているバイクに泡を噴射して洗う方法)
  3. 高圧洗浄機で水洗い

    高圧洗浄機で水洗いをしてくれます。
    メットインスペースまで豪快に水洗いされるのでメットインの裏に大事な書類などが収納されている方は取り出しておきましょう。
    また、「メットインスペースは洗わないで良い!」という人は「dalamnya tidak usah dicuci」などと伝えれば伝わるはずです。
  4. 泡を使った手洗い

    店員さんがスポンジで手洗いで隅々まで洗ってくれます。
    ホントに隅々までです。タイヤもブラシでゴシゴシ洗ってくれます。
  5. 高圧洗浄機ですすぎ泡だらけになった車体を再び高圧洗浄機で洗ってくれます。
    ちなみに、メットスペースもしっかり泡で手洗いされます。
  6. 乾燥/ワックス塗布
    最後の仕上げに乾燥です。
    雑巾とコンプレッサーを使って巧みに水気を飛ばしていきます。
    乾燥の次は、ワックスを塗ってくれます。コンプレッサーとはけを使って時間をかけて塗ってくれます。

    以上で、洗車の全行程が終了です。どうですか?全て丁寧に手作業で行ってくれます。日本では難しいですよね!
    しかし!!洗車開始から終了までの時間がこちら!!
    約50分!!結構待ちます。。。実は、バリ男の前に2人並んでいたのでだいたい一時間半くらい待ちました。全行程が手作業なので仕方ないですが、皆さんは時間に余裕を持って行きましょう 笑
  7. 支払い洗ってくれた店員に直接代金を支払って(受付に払う場合もある)終了です。
  8. 退店

今回利用したお店と値段

今回利用したお店は「Upayana Cuci Motor」です。

Google Mapで調べた結果、ある程度レビューが付いている店を選びました。

気になるお値段は150cc以上のバイクはRp.25,000、125ccのバイクはRp.20,000です!

バリ男的には結構満足しています。

時間が問題なので空いてそうな開店直後などを狙えばサクッと洗車してもらえるかもしれません。

まとめ

  • バリ島の洗車は全行程手作業で丁寧に洗ってくれる!
  • 手作業のためとにかく時間がかかる
  • 洗車の行程を見るのも結構楽しい
  • バイクが汚れてきたなーと思った方は試してみては??

 

最後まで読んで下さった方ありがとうございます!!

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]